お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

寒い季節でも快適!船内で楽しむワカサギ釣り

秋冬おすすめの釣りをこれまで2つご紹介してきましたが、今回は寒い冬の時期でも普段着で楽しめる釣りをご紹介します。 釣れる魚はワカサギで、小さくて可愛らしく親しみやすいサイズです。このワカサギを湖などに浮かぶドーム型の船内で釣るのでとっても快適なんです。

タックル情報

ドーム船でのワカサギ釣り完成図

座席の前にあるスリットに仕掛けを落とすので、竿の長さは44cmの短いタイプを選びましょう。

使い方紹介

どんな場所で楽しめるの?

山中湖や河口湖、相模湖など湖でワカサギ釣りが楽しめます。 ドーム船はワカサギ釣り専用の船なのでトータルで設備もしっかりしていて釣りをやったことが無い方も手軽にできるのが特徴です。 また、船内で座りながら釣りをするので雪化粧した山や湖畔の景色を普段とは違った場所から眺めるのもこの釣りの良いところ。

船内にスタッフさんが常駐していたりトイレ設備も整っているので初めての人でも安心して楽しめます。

ワカサギ釣りのここがGOOD!

ドーム船での楽しみ方

ドーム船でのワカサギ釣りは事前予約が必要な釣りです。ネットで【○○(都道府県) ドーム船 ワカサギ釣り】と入れて検索すると各地のドーム船が出てきますので、ページ内の予約状況を確認して予約をしましょう。

電話予約の場合は下の情報を伝えると当日がスムーズです。
・予約日
・乗船人数
・当日の出船時間
・道具持参の有無(レンタルしたい場合はここで確認)
・当日エサを購入できるかどうか

予約後は当日までに道具の準備をしておきましょう。当日受付をしたら船に乗り込みます。
座席前にはスリットと呼ばれる穴があいており、そこにワカサギ仕掛けを落として釣りをするスタイルです。

用意する道具

まずは釣りの基本道具
■ロッド…EGG ARM WAKASAGY44
■リール…小型のベイトリール、小型両軸リール
■ライン…ナイロンライン0.6号
■仕掛け…EGG DANCE WAKASAGYエサ式
■エサ…アカムシ/ベニサシ(こちらは受付で購入可能)
※リールはスピニングリールの使用はできませんのご注意ください。
ワカサギ釣りで使う両軸リールは釣具屋さんのワカサギ釣りコーナーなどで置いてあることが多いですので、探してみてください。 すでにバス釣りをしている方はバス用ベイトリールでもお使いいただけます。

周辺の道具
■小型ハサミ…余分なラインやエサをカットするときなどに使います。
■ゴミ袋…その場で出たゴミは回収し、ちゃんと持ち帰りましょう
■タオル…汚れを拭き取るときに使います。

魚を持ち帰るなら
■クーラーボックス…鮮度を保って持ち帰るために使います。
■保冷剤…クーラーボックス内を保冷させます。
■ビニール袋…釣った魚を入れるためにつかます。チャック付き袋でもOK。
※釣り場によって持ち帰りにルールを設定している場合がありますので、事前に確認してください。

釣具をセットしよう

当日は出船時間の30分前に釣り場へ着いて受付をしておきましょう。 指定の釣り座に着いたら道具のセッティングです。大まかな流れは、≪ロッドを組む→リールを装着→仕掛けを結ぶ≫となります。

下の動画ではリールの装着部分からセッティングの手順を説明しています。

 

初めて釣りをする場合は仕掛けが底に着いたのが分かるよう、エッグダンスワカサギーの10gを選ぶのがおすすめです。
ラインを仕掛けの先端にある金具に結べば準備完了です。 結び方は下の動画で解説しています。(動画内の後半に紐を使って図解しています)

スムーズにエサつけ〜仕掛けの投入しよう

ドーム船でのワカサギ釣りはエサつけと仕掛けの投入、魚の取り込みを慌てずに行うことが大切! 【仕掛けを釣り座の前にあるフックにかける→エサをつける→オモリ部分を持ち、フックから仕掛けを外す→リールのクラッチ(ラインを出すためのボタン)を押し、オモリを持っていた手を離し、スリットに仕掛けを落とす】という流れです。

下の動画の12:21から一連の流れがご覧いただけます。

仕掛けを底まで落としたらリールのクラッチをカチッと音が鳴るまで元に戻し、ラインが出て行かないようにします。

オモリが底まで着いたのが確認できたら、底をトントン叩くように竿先を 10~20cm 程度上下させて誘ってください。2~3 回上下させ、5 秒ほど動かすのを止めてワカサギ の反応を待ちます。これを基本動作とし、アクションの間隔を調整してください。 アタリの多くは待っている間にコツコツと竿先に出ますので、すぐに竿を持ち上げて アワセを入れて下さい。

魚が釣れたら仕掛けをフックにかけて上から順に外します。 つけているエサがスカスカになっていなければそのまま仕掛けを投入して、誘います。

釣れたワカサギは唐揚げが最高!

ワカサギ釣りの醍醐味は持ち帰って食べる楽しみもあります。 水洗いして汚れを落とし、酒と水を合わせたものに漬けます。その後しっかり水気を切り、チャック付き袋に唐揚げ粉(水に溶かさない)とワカサギを入れて振りながら衣をつけます。 ワカサギ全体に衣が付いたら熱した油で揚げます。 骨まで美味しく食べられるので、おつまみやお子さんのおかずにもってこい! 釣って楽しい、食べて美味しいワカサギは寒い季節でも快適に楽しめるのでおすすめです。

下の動画では簡単なワカサギの唐揚げの作り方をご紹介していますのでごらんください。

SHARE

RECOMMEND