お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

春の穴釣りは魚種も増えて、サイズも大きく!

初冬にご紹介したエッグショット&エッグアームを使用した穴釣り。 今回は春めいた4月初旬に訪れ、魚の種類やサイズに変化があるのかを検証してみました。
動画ではよりわかりやすく、対決企画として行っていますので合わせてご覧ください。 また、本ページも動画に沿って内容を深掘りしながら記載していこうと思います。

タックル情報

穴釣りの完成図

ライン(釣り糸)はフロロカーボンラインもしくはナイロンラインが扱いやすいです。太さに関しては装着するリールタイプに合わせて異なります。
・スピニングリール使用時:4~8lb(1~2号)
・小型ベイトキャスティングリール使用時:8~12lb(2~3号)

使い方紹介

エッグショットにつける餌

エッグショットの鈎先につける餌は種類豊富。
魚が生息する場所に潜む青イソメなどの虫餌は集魚効果抜群ですが、触るのが苦手という方も少なくないですよね。 この他に、一見するとエビ?と見間違えるオキアミだと抵抗感が少ないかもしれません。こちらは生タイプ(生きているわけではない)と鈎持ちがいいボイルタイプがあります。 サバの切り身、冷凍されたイワシやきびなごを解凍して使うのもOK。
また、動きでアピールをさせたい場合はグッドミールのクローやグラブなどをセットして甲殻類に似せて釣る事もできます。 グッドミールなら餌の管理などを気にせずルアー釣りの合間でも気軽にできますね。

ロッドのチョイス

今回釣りをした2人はそれぞれ長さの異なるエッグアーム(ロッド)を使用していました。

エッグアームのサイズ展開としては、
1)穴釣りで標準的な長さ(120cm)のLONGER(ロンガー)
2)半分ほどの短さ(55cm)のSHORTY(ショーティー) の2種類です。

この長さによる楽しみ方もそれぞれ。
LONGERは少し先にある消波ブロックや石積みの隙間へエッグショットを投入するのが得意です。小さな魚からの反応があってもロッドの先がピピピッと動き、しっかりそれに気づくことができます。 対するSHORTYはその短さを生かして足元を狙うのが得意です。"遠くの穴を狙わなきゃ釣れない"というイメージがあるかと思いますが、この日釣れた魚のほとんどは足元の隙間ばかりでした。また、その短さなので魚からのアタリがとてもダイレクトでエキサイティングです。 ぜひ、好みな方を選んでみてください。

釣り方はしっかり見せて、テンポよく

穴釣りのコツは餌をしっかり見せて、粘らずテンポよく次の穴を狙っていくこと。
消波ブロックや石積みの穴はたくさんあり、そのたくさんの隙間のどこかに魚が潜んでいます。 障害物のない砂地で餌を見つけるのは簡単ですが、餌が見つけにくい消波ブロックなどの隙間では魚から近い距離にそれが落ちてこないと彼らは気づきません。 そのためにも、エッグショットについている餌を上下してアピールし、3秒ほど動きを止めます。これを3セットほど行い、反応がなければその穴の2・3こほど隣りの穴に落とします。
ちなみにこの日使用したエッグショットの重さは4号(15g)と5号(19g)が中心。
※その他のウエイト展開として3号(11g)・7号(26g)がある。

暖かくなるにつれて魚も活発に

今回釣れた魚はカサゴ、ギンポ、ベラ、コブダイ(幼魚)で、beGOODfunEGGでは初めて見るギンポとコブダイは印象的な体つき。
ギンポは春〜秋にかけて活発に餌を食べる魚です。コブダイの幼魚はパッと見るとベラのような体つきで、名前にあるコブは成長したオスの特徴として出てきます。
今回釣れたカサゴもサイズ大きく、しっかり餌を食べて育っているのがわかります。

ワンポイント
アドバイス!

ワンポイント
アドバイス!

リニューアルしたエッグアームは持ち手部分が名前の通りエッグ型になり、より握りやすくなりました。
カラフルな2トーンなので、釣りをしている最中もワクワクです。

今回持参した主な道具。これに小型のクーラーボックスがあると便利。

カラフルなエッグバケットと合わせるとよりテンションが上がる

SHARE