お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

TSURI レポ

スーパーでよく見かける
アジをワームで狙ってみよう!

スーパーでよく見るアジやサバ。今回はそんな皆さんに馴染みのある魚を中心に狙います。ちなみにアジやサバ、イワシ、サンマ、スズキ(シーバス)、ブリなどは回遊魚と呼ばれ、水温の変化や餌の発生・季節によって群れでやってくるので一度にたくさん釣ることが出来てとっても楽しいんです。ただ、回遊魚と呼ばれるだけあって、タイミングによってはその群れがその場で泳ぎ回っていることもあれば、あっという間に別の場所へ移動することも・・・。

本記事で使うグッドミールスキニーは他のグッドミールシリーズよりもシルエットが細いので、この夏の時期によく釣れる小さなサイズのアジやサバ・口が小さな他種類の魚も食べやすくなっています。そんなグッドミールスキニーをどんな道具と一緒に持って、どんな釣り方で釣ったのかをお伝えします。

タックル情報

表層~中層にいるアジ・サバなどに
おすすめタックル

この道具はアジやサバがよく泳いでいる水面付近~中層での釣りに向いています。そのため、グッドミールヘッドライトの重さは根魚向けのグッドミールヘッド(2g/3.5g/5g)よりも軽いウエイトのラインナップとなっています。

グッドミールヘッドライトのウエイトラインナップは1.5g/2g/3gですので、まずは真ん中の2gを使ってみて釣りのしやすさを確かめてみてください。もしも風が強くて投げにくかったり、もう少し深いところにいる魚を狙いたい場合は3gに付け替えるのがおすすめです。グッドミールスキニーをもっと弱々しくふらふらと泳ぐ小魚に似せたい時は1.5gのジグヘッドをつけてください。

使い方紹介

グッドミールスキニーを使った釣り方

魚の群れが見えている場合は魚が泳いでいるであろう深さまで沈め、そこからスキニーを巻き始めます。ただ巻くだけでスキニー本来の“弱々しい小魚のような動き”が出て魚にアピールできているので、まずはただゆっくりと巻いてみてください。投げるたびに巻くときのスピードを変えてみたり、スキニーを泳がせる水深を変えてみると、よりいろんな場所を泳ぐ魚へ気付かせることが出来ます。

釣り場紹介

堤防釣りの特徴

各地にある堤防は水辺付近にある地域への流水を防ぐ・一定にさせるためのものです。そのため、安全を第一として釣りを許可している場合とそうでない場合がありますので、事前にチェックしましょう。ネットで検索しても見つからないよ・・・なんて時には、その付近にある釣具屋さんなどで聞いてみるのもいいかもしれません。その時期の釣り方やその場所の特におすすめな位置など有力情報を聞けるかも⁉

ワンポイント
アドバイス!

ワンポイント
アドバイス!

堤防の内側は穏やかで、アジなどが主食とする小魚・プランクトンなどが溜まりやすい。自分の立っている足元に群れがいたり、思っている以上に浅い場所でも釣れますよ。

アジの口は薄いため、力いっぱい早くリールを巻いて抜き上げるとジグヘッドから外れてしまいます。一定の速度で巻き、水面から自分のところへ抜き上げる際はゆっくりと持ってきましょう。その後はグッドキャッチで掴むと針を外すときに楽ですよ。

回遊魚が回ってくるのはタイミング。それまでの間、グッドミール スタートセットを一緒にもっていけば足元の根魚も狙うことが出来ます。

SHARE