釣った魚を持ち帰る方法を今回はご紹介します。
今の時期だとサビキ仕掛け・胴つき仕掛けなどで小サバや小アジ・イワシなどが1度にたくさん釣れるので、この方法で手軽に持ち帰ると新鮮な状態で料理することができますよ。

用意するもの

・クーラーボックス
・保冷剤(もしくは氷)
・タオル
・魚を入れる袋(ビニール袋/ジップタイプの袋)

手順①

保冷剤をクーラーボックスに入れます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tsuri_memo_21_img01-2160x1215.jpg

手順②

魚が冷凍やけどをしないよう、保冷剤の上にタオルを敷きます。
※タオルがない場合は新聞紙などでもOK

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tsuri_memo_21_img02-2160x1215.jpg

手順③

釣れた魚をビニール袋(もしくはジップタイプの袋)へ入れます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tsuri_memo_21_img03-2160x1215.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tsuri_memo_21_img04-2160x1215.jpg

魚は血抜きをすることでより鮮度の高い状態で料理することができます。
その場合は釣り場で持参するハサミを使い、腹部分とエラの付け根をパチンとカットします。バケツに汲んだ海水にそのまま入れ、血を抜き、数分して血が出切ったのを確認してからビニール袋へ入れてクーラーボックスにしまいましょう。

小アジは南蛮漬けや素揚げ、小サバは味噌煮やフライ、イワシはオイルサーディンなどにしてパスタと和えたりして食べると美味しい魚たちです。

ぜひ参考にしてみてください。