お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

【サビキ釣り】アジを狙うなら!良型が釣れる秋〜冬前が狙い目【大阪/ 小島養漁場】

秋は過ごしやすい気温となり、日中の釣りも楽しい季節です。

夏場に比べて岸の水温も下がることから、回遊魚が岸まで回ってきやすくなることで釣れる魚種が豊富に。 夏は大型連休を利用した海釣り施設や堤防でのサビキ釣りをご紹介していますが、その豆アジが秋〜冬は20cm弱ほどに成長していいサイズとなって釣れるようになります。 豊富な種類の魚が集まってきやすいとなると、それを捕食しにくるシーバス(スズキ)や青物が釣れることも!

今回はそんな釣りが楽しめる大阪の釣り場【小島養漁場】をご紹介します。

タックル情報

サビキ釣りの完成図

小島養漁場ではコマセの使用ルールがあるため、施設のコマセを購入しました。
コマセのルールがない場合は手が汚れにくいチューブタイプのGOOD MEALサビキ釣り用アミエビペーストがおすすめ!

使い方紹介

大阪の小島養漁場へ行ってみた!

今回秋のサビキ釣りをしに行ったのは大阪府泉南市にある小島養漁場。 近隣にとっとぱーく小島などの釣り施設や堤防などもあり、釣り場に恵まれているエリアです。 その他にも道の駅があるので帰りに新鮮な野菜などを買って魚料理を作る楽しみができます。 こちらの特徴は入り江を金網で仕切ってあるだけの最も「自然」に近い釣堀として提供しているので、放流魚も釣れて外から入ってくる魚も釣れる面白い場所です。

施設ごとにルールがある

エサ釣り・ルアー釣りがエリア指定されており、それぞれの場所で楽しめます。 入場時のタックルは一人あたり1タックル(竿1本)となっており、「サビキ釣りをした後、午後はアジングしようかな〜」という場合はサビキ釣りで使った竿とアジングで使用する竿を交換してからゲートへ再入場します。

全体マップはこちら↓


出典:小島養漁場

ゲートからまっすぐ歩くと下のような景色です。

写真に写っているこちらはエサ釣りエリアで、サビキ釣りやウキ釣りを楽しんでいる方達が多いです。 私たちも今回、上のような欲張りスタイルでした。

今回この記事で紹介するのはサビキ釣り。
こちらの施設ではオキアミ・アミエビ・米ヌカ等マキエサの持ち込みは一切禁止ですので、施設で販売されているものを購入しました。

沖側へ行かずとも、ゲート側でもしっかり釣れます。 スズメダイなどは表層・アジが中層〜ボトムにいることから、先に撒き餌をして寄せてからサビキ仕掛けを投入するのが良さそうです。そうすることで本命をより集中的に狙えます。

仕掛けを選ぶ基準は?

この日、水野さんが使ったサビキ仕掛けのサイズはMサイズ。ぶんちゃん(石川文菜)はSサイズです。 施設の方曰く、小アジ〜20cmくらいのサイズが中心に釣れているということで、実はどちらのサビキ仕掛けも使えるサイズ!

二人がそれぞれに選んだ理由は下の通り…

水野「20cmくらいのサイズを中心に釣りたい。また、ターゲット以外の口が小さなスズメダイなどがかからないようにするため」
ぶんちゃん「小さなサイズのアジも釣りたいため、鈎サイズが小さなSサイズにした」

こう見ると狙うサイズやそれを釣るためのコツとしてサイズ選びをしているのがわかります。 (ちなみにLサイズだと鈎サイズが大きいため、この日主に釣れているサイズからするとかかりが悪くなります)

施設などでサビキ釣りをする場合は施設HPに載っている釣果情報を参考にして鈎サイズを選んでみてください。 堤防だとSNSの情報や釣具店で様子を聞いて見るといいかもしれません。

釣り方や釣り場の様子は動画をチェック!

釣り方や道具の組み合わせはbeGOODfunEGGのYouTubeチャンネルで分かりやすく解説しています。 カゴに入れたコマセの煙幕を作った後の竿の所作などが動画で見られるので、実際の釣り場でもすぐ実践できますよ!

 

水場とトイレ・自動販売機が完備!

こちらは水場とトイレ・自動販売機が完備されています。売店には軽食類の販売がないので道中のコンビニや道の駅で調達が必要なのでご注意を。

周辺に定食屋さん・イタリアンなどあるようです!

オーナーさんと記念写真。

遠くから見てもしっかり視認できるほどのピンク!とても優しい方です。

 

利用料金や細かいルールなどは小島養漁場のHPをご覧ください。
http://kojima-fm.jp/

MAP

レンタル
タックル
エサ・道具
の販売
駐車場
トイレ

SHARE

RECOMMEND