お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

【初心者必見】春からサビキ釣りを始めよう!〜道具・釣り方〜

春になると魚が動き始め、足元を泳ぐのが見えるようになってきます。
水温も少しずつ上がってくるため、回遊魚(イワシ・アジ・サバなど)が堤防や海釣り公園などにも回ってくるようになり初めて釣りをする人たちでも釣りやすい季節です。

今回はそんな回遊魚や足元に潜む魚を餌で寄せるサビキ釣りをご紹介。
仕掛けには複数本の鈎がついているので、一度にたくさんの魚を釣ることも!
必要な道具・釣り方などを確認してみましょう。

  • 海づり公園海づり公園
    堤防堤防
  • アジアジ
    サバサバ
    イワシイワシ

タックル情報

サビキ釣りの完成図

リールとライン(釣り糸)以外はGOODシリーズで揃えることができます。
エサに関しては施設や地方自治体によって指定がある場合がありますので、釣具屋さんで購入前に確認すると安心です。

この他にあると便利な道具は「水汲みバケツ(エッグバケット)」「魚掴み(グッドキャッチ)」「汚れてもいいタオル」「ハサミ」「ゴミ袋」です。
安全に釣りをする上でライフジャケットも着用をお勧めしています。

使い方紹介

道具をセッテイング

完成図にあるロッドはテレスコピックタイプ(持ち運び時にコンパクトになる)なので、釣りをする場合には伸ばして使います。

セットの仕方はこちらの動画をご確認ください。

リールに巻いているラインとサビキ仕掛けを結束する結び方はこちら。

 

さて、準備ができたらサビキ釣りの大まかな手順です。

 

図内の②にある仕掛けを水中に落として竿を上下させるのは水中にエサの煙幕を作ることで魚を寄せます。そのため、魚が寄ってくるまで少し時間がかかりますのでエサ撒きは大事。水中で4回ほど竿を上下させたらコマセカゴの様子を確認してくださいね。

煙幕を作って魚を寄せる

カゴに入れたエサを水中で撹拌し、魚がよってくるとエサに模した鈎に魚がかかるという仕組み。

そのため、サビキ仕掛けで使用される鈎にはスキンやティンセルなどの素材が巻かれているものが多いです。

 

サビキ仕掛けのサイズは何を選べばいいの?

サビキ釣りをする上で「サビキ仕掛けが必要なのは分かったけれど、サイズはどれを選べばいいの?」というご質問がよくあります。

これは釣り場や季節にも変わってきますので、一概には言えない部分でもあります。ただ、釣具店のスタッフさんが近隣の釣り場情報などを知っているので、購入時に確認する方法も一つです。

ちなみにGOODシリーズから出しているサビキ仕掛け【GOOD RIG サビキ仕掛け】は鈎サイズの異なる3サイズを展開していますが、わかりやすいようにS・M・Lという表記になっています。

Mサイズを通年使える平均鈎サイズに設定しているので、まずはこちらを複数枚持っていただければ安心。
その他のサイズとして、SサイズはGW〜初夏に多く釣れる小さなアジ・サバなど向き。
Lサイズは夏〜秋や場所によって釣れる大きなサイズの魚向きです。

 

 

【購入時のワンポイントアドバイス!】
どのサイズでも半日〜1日を通して釣りする場合は各サイズ複数枚持っておくようにしましょう。そうすることで、仕掛けが絡むなどしたトラブルで使えなくなった場合に安心です!

サビキ釣りで魚を釣ったら美味しく食べよう!

マメアジだけでなく、数がよく釣れるのがネンブツダイ。こちらも群れになって泳ぐので、サビキ釣りでよく顔を見ます。そのためか、リリースされがちですがこれが実は唐揚げにするととっても美味しい魚なんです。

小さなサイズなので、骨ごと食べられます。

ぜひ釣った際は下のリンクから作ってみてください!

骨まで美味しい!ネンブツダイの唐揚げ

SHARE

RECOMMEND