寒くなってきて元気になる淡水魚といえば管理釣り場のニジマスたち。

動画や記事でもご紹介してきました。管理釣り場はスタッフさんが常駐していて、足場もいいので初めてのルアー釣りにおすすめの場所です。

※最新記事は下の画像リンクをタップしてご覧ください!

そんな初めての人でも魚が釣れるコツは投げるルアーの種類ではなく、もっと簡単な「場所」がキーとなります。その中でもチェックするのは「水が流れている場所」。

ニジマスは水の流れがある場所を好むので、そんな場所を見つけてキャストするとより多くの魚を釣ることができます。釣り場へ着いたらぜひチェックしておきたいですね。

狙い目ポイント① 水車

施設の水を循環させるためにポンド(釣り堀)の端付近に設置してある水車もキーとなります。キャスト(投げる)時は水車に当たらないように気をつけて。

狙い目ポイント② 噴水

噴水も水車同様、水を循環させる場所です。ポンドの中心付近に複数設置している施設が多いので、軽いルアーを遠くへ飛ばせるロッドGOOD ROD GD-S56ULが安心。

流れのある方に頭を向けて泳いで集まる特徴があるので、ルアーに反応する魚と出会う確率が上がります。ルアーを変えて気付かせる方法も一つですが、まずは魚が集まっている場所へキャストしてみましょう。

キャストする時は周囲を確認!

キーとなる場所を紹介しましたが、ここで大切なのはキャストする時の周囲確認。近くの人が投げた方向を確認しながらキャストすることでトラブルが軽減し、お互い気持ちよく釣りができます。