釣りをするなら自分も同行者も、また周囲の釣り人ともトラブルなく楽しみたいですよね。 実は、そんな楽しい釣りをする上で気をつけたいことは路上駐車・ゴミ・安全配慮など当然なことばかりなんです。

周りの人への気配りやサポートをする気持ちがとても大切ですので、こちらの記事では釣り場(堤防など)でのマナーを知っておきましょう。 「自分が逆の立場だったら」と思うと、取り組みやすいかと思います。

近年ではマナー違反や漁業関係者、近隣住民とのトラブルが原因で立ち入り禁止や釣り禁止になる釣り場が増えています。 “釣り場を使わせていただいている”という気持ちを片隅に持ち合わせて、気持ちのいい釣りをしたいですね。

迷惑駐車はせず、必ず駐車場を利用しよう

漁港内は漁業関係者のお仕事場でもあります。そのため、関係者以外の駐車を禁止していることが多いです。 指定された駐車場や近隣の有料駐車場を利用しましょう。 漁港・堤防の敷地内でも有料で一般への駐車可能にしているところもあります。

ローカルルールを尊重しよう

時期や場所によって様々なローカルルールがあります。その場に立て看板など立てている場合もありますが、事前に地元の釣具店で下調べをしておくと安心。 現地で注意をされたらローカルルールを尊重しましょう。

周囲への挨拶を通して周りへの配慮を。

釣りをする場合、となりとの距離が近いとキャストや魚の取り込み時にトラブルが起きやすくなります。先に釣りをしている人がいる場合はひとこと挨拶をして、お互い邪魔にならない距離を保って釣りをしましょう。

また、係留船に釣り針や仕掛けが絡んでしまわないように距離をとることも忘れずに。

大騒ぎしない・他人の釣りに干渉しない

釣りはとても楽しいですが、静かに釣りをしたい人もいます。釣れたからといって仲間内で大騒ぎしたり、他人の釣りの様子を安易に探るのはやめましょう。

持ち帰らない魚はすぐにリリースしよう

毒がある魚や噛み付く魚など危険な魚であっても、大切な命です。釣れた魚はダメージが少ないよう海へ返してあげましょう。 また、釣りたいなと思っていた魚がたくさん釣れる場合、「食べる分だけにしておく」など配慮も大切。釣りをさせてもらっているからこそ、大切な海の資源を守る心がけも持っていたいですね。

ゴミは持ち帰る・コマセで汚したら流そう

釣具のパッケージ・ビニール袋・タバコの吸い殻や空のペットボトルなど、自分が出したゴミは絶対に持ち帰りましょう。魚や鳥などの生物がまちがえて誤飲する場合があります。また、堤防は漁師さんの仕事場です。 ゴミ袋を持っておくことでそれらは解消します。 

夜間はライトの扱いに注意をしよう

朝マヅメ・夕マヅメなどは魚が釣れるタイミング。その時間の前後はライトを点灯させて釣り場へ移動しますが、ライトを海面に当てることで魚が逃げてしまいます。その他にもライトを民家や人に当てるのもNGですので、ライトの扱いには配慮しましょう。

安全第一で釣りをしよう

堤防でも満潮に近くなると波をかぶり、コンクリートが滑りやすくなることもある。体のサイズにあったライフジャケットを着用しましょう。 子ども向けライフジャケットは釣具店で販売しているので、こちらも身長や体格に合わせて正しく着用させましょう。